• ホーム
  • 低血圧の様々な病名と種類

低血圧の様々な病名と種類

カプセルと瓶とにがうり

低血圧とは、血圧の数値が収縮期である最高血圧が100mmHg以下か、もしくは拡張期である最低血圧が60mmHg以下、このいずれかに該当している時に医師はそのように診断していることが多いようです。
要するにその状態にあれば「低血圧」と呼ばれるわけですが、「なぜ低血圧になっているのか」によって、その種類は分けられています。
病名は、低血圧をおこす原因となっている病気もないにもかかわらず起こっているならば本態性低血圧、病気の症状として起症候性低血圧ですし、もし座っていて立つ時に起こるならば起立性低血圧です。
本態性の場合には、遺伝的に起こっていることがほとんどで、親がそうであれば子供もそのようになるということが少なくありません。
症候性の場合には、心筋梗塞や心タンポナーデ、大動脈狹窄症、肥大型閉塞性心筋症などから引き起こされることも多く、不整脈や血圧からそれらの病名の病気であったことがわかることも良くあることです。
肺の病気や甲状腺機能低下症などのホルモンの病気、薬剤の使用が原因の時もあれば、長い間寝たきりであることで引き起こされることもあります。
起立性の場合には、「立ちくらみ」で自分が体感することがあります。
下の方に血液が集まらないよう、座っている時も楽な姿勢を取るように心がけるようにしなければなりません。
この症状にによって脳梗塞や一過性虚血性発作のほか、様々な病気が引き起こされてしまうことが見られます。
病名として警戒しないようなものですが、注意が必要です。
このような種類がありますが、特に本態性の場合を除き、他の種類は「なにかの病気のお知らせ」となっている可能性があります。
気になる症状があれば、医師のもとで診断を行ってもらいましょう。

関連記事