• ホーム
  • 高血圧で低体温になるリスクとは

高血圧で低体温になるリスクとは

生活習慣から起きると言われている高血圧ですが、一般的には高血圧の人は体温は低体温ではなく、高いだろうとの思い込みがあります。
血圧の高さと体温の関係が必ずしも比例して、高血圧の人は低体温であるとは言えないのですが、実はかなり多くの人がそうなのです。
血圧と体温の関係ですが、人は体温を一定に保つために日々の代謝の75%のエネルギーを使うと言われています。
血圧は気候や体調や喫煙をした時など、その時々で変動しています。
普通は高血圧になっている時には心臓が一生懸命血液を全身に行き渡らせているので体温は高いものです。
それなのに低体温であるというのは血行障害が考えられるのです。
自律神経の中の交感神経が血圧の調整をしている神経なのです。
それがストレスなどによって交感神経が緊張して血管を収縮させるのです。
そうすると血流が悪くなり低体温となってしまうのです。
体温が低くなっている場合は血液中の脂質が固まって血液の流れが悪くなってしまいます。
そうするとまた、血圧を上げてしまうのです。
体温が低いと血管に大きな負担をかけてしまうことになるのです。
そうすれば体温を上げるような生活をしていくのが大切です。
直接上げるものには適度な有酸素運動、ウオーキング、サイクリング、水泳(水中ウオーキング)などがすすめられます。
一瞬で大きな力を入れるような運動は控えたほうが良いです。
そして体温を上げるというのではなく、血流が良くなるような食べ物を摂ることも大事なことです。
納豆、大豆、玉ねぎ、ヨーグルトなどは血液がサラサラになると言われていて、実際にも実証されているものです。
積極的に取り入れたいものです。
また、水や、お茶などの水分も適度にとることです。

関連記事