オレンジのカプセルと果物

高血圧は血圧が高い状態が続く病気ですが、放っておくと他の病気を併発する可能性があります。
血圧とは、血液が体内に送られるときの圧力のことを指し、正常範囲は最大量が140、最低量が90以下ですが、これより高いと高血圧という位置づけになります。
血液を送るときの圧力が高いと、それだけ血管に負担をかけている状態になり、その状態が長く続くと、血管に何らかの支障や病気を引き起こします。
それが、いわゆる合併症になります。
血管の負荷を下げるアテノロール等の薬があります。
合併症になる前に早めに対処しましょう。
では、合併症にはどんな病気があるのでしょうか。
まずは、脳卒中です。
脳卒中は脳梗塞と脳出血にわけられています。
前者は、脳の血管が詰まる病気で、後者は脳の血液が破裂して出血する病気です。
どちらも生活習慣病や成人病などの分類に入ります。
脳梗塞は、脳内の血管が詰まり酸素が行き届かなくなるため、脳内の細胞が死んでしまいます。
症状としては、突然、意識がなくなったり、片方の手足がしびれたり、呂律が廻らなかったりという症状が現れます。
一刻を争う場合もあり、時間が経過すると命に関わってきます。
例え症状が治まったとしても、言語障害や麻痺など、後遺症が残る場合もあります。
少しでもおかしいと感じたら、すぐに救急車を呼ぶことです。
それに対し、脳出血は脳内で血管が破裂し、出血する病気です。
脳の血管に圧力がかることで、血管が破れて出血します。
症状は、頭痛やしびれ、吐き気や嘔吐などが起きます。
脳内で出血を起こすと細胞にも影響がでて、致命傷になる場合もあります。
また、脳梗塞と同じように後遺症が残ることも多いです。
これらの病気は、脳内で起きる病気ですが、これが心臓に起きた場合は、心筋梗塞になります。
心筋梗塞は、心臓の血管が詰まる病気で、詰まったところが細胞が死んでいくため、命が助かったとしても後遺症が残ることが多い病気です。
症状としては、激しい胸の痛みが起きます。
症状が出たらすぐに、救急車を呼ぶことが重要です。
発作の程度が軽い場合は、狭心症と呼ばれます。
狭心症から心筋症へと移行するケースもあるため、注意が必要です。
この他にも、糖尿病や腎臓病などもそうですが、特に多く見受けられるのが、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞です。
これらの病気にならないためには、普段から気をつけることが大切です。
血圧が高い場合は、病院で降圧剤などを処方してもらう必要があります。
また、塩分を取り過ぎない食生活をすることで、病気を防止したり、普段の日常生活においても、未然に防ぐ事ができます。
自己管理を行うことで、病気にならないように気をつけましょう。

記事一覧

高血圧=体温が高い、というイメージがあります。 しかし、実際には逆のことが起きているケースが多いです...

生活習慣から起きると言われている高血圧ですが、一般的には高血圧の人は体温は低体温ではなく、高いだろう...

生活習慣病が定義されて世の中に知らしめられるようになってからというものの、そのうちの一つである高血圧...

多色なカプセルのスプーン

高血圧を食事によって標準値まで戻すには、まず高血圧になっている原因を知る必要があります。 塩分の摂り...

手のひらにあるカプセルのスプーン

血圧を測定する時に覚えておきたいのが、標準値です。 基準となる数値を知らなければ、その数値が、高いの...

色々な薬

血圧は比較的簡単に検査を行うことが出来るのが特徴です。 家電量販店では自宅で簡単に測定を行うことが出...

カプセルと瓶とにがうり

低血圧とは、血圧の数値が収縮期である最高血圧が100mmHg以下か、もしくは拡張期である最低血圧が6...